信州 波田ってこんなとこ

波田は、上高地、乗鞍高原の玄関口であり、四季折々に美しく彩られる豊かな自然と長い歴史の遺産が残る、アルプスの麓の地域です。北アルプスの雪解け水が流れる梓川流域南岸に広がる平坦地と、飛騨山脈より分かれた山岳地帯と、これに連なる山麓平地から成り立っています。
総面積は、59.42平方キロメートルで、東西13キロメートル、南北15キロメートルにわたります。山林地帯は2,466メートルの鉢盛山を主峰として、北東平地に対して麓を形成しています。この山麓に開けた平地は、梓川によって造られた4つの河岸段段丘に区分され、標高900メートルから600メートル台にかけて北東に緩傾斜をなしています。また、肥沃な大地と梓川の清流に恵まれた広大な優良農地を利用して、りんご、梨、桃、稲作等の豊富な農産物を生産しています。とりわけ「スイカ」は、全国ブランドとして、この地域を代表する農産物です。

map

波田産スイカがうまい理由

img01

土壌

標高600〜800mの肥沃な火山灰土壌は水はけが良く、ミネラル分がたっぷり。

img02

松本市は環境省の平成の名水100選にも選ばれています。波田は上高地・乗鞍水系を水源としています。

img03

日照時間

日照時間が長く、昼夜の寒暖の差大きい土地柄のため、すいか栽培に適しています。

img04

寒暖差

昼夜の寒暖差が10℃と大きいため糖度が高く抜群の「シャリ感」が生まれます。

img05

皿敷き

スイカの全面が空気にふれるように、また、きれいな円形に育つように特殊な皿に乗せていきます。

img06

出荷

採れたてを最短で出荷します。スイカは収穫後に熟すことはないためギリギリまで畑で熟させます。

贈答用に選べるプレミアムスイカを注文